多摩管ブログ

こちらは旧ブログです。
<< 余裕をもってのご来場をお願いいたします | main | ゲネプロを終えて☆明後日本番です☆ >>

ブルックナーと私

      【ブルックナー】への旅 連載 最終回

ブルックナーのゆかりの地
セント・フローリアンへの旅は終わりましたが、
実は、この前に訪れたウィーンで
既にブルックナーとの出会いがありました。

私の今回の欧州旅行は、出来る限り、
良いコンサート・ホールで音楽を聴くというのが目的だったのですが、
その割には計画性がなく、
肝心のウィーンでも音楽会のチケットは何も予約しないまま、
ウィーンに来てしまいました。

ネットで調べても、
当然ながらどのコンサートも売り切れと出てきます。

ところが・・・

市内電車の通しパスを買うために、ホテルに近い
ツーリスト・インフォメーション・センターを訪れたところ、
同じカウンターでコンサートのチケットを売っている。

ダメもとで、
ウィーン国立歌劇場、楽友協会大ホール、ウィーン・コンチェルトハウス
のトップ3ホールのチケットを求めたところ、

3連夜で全て取れたのです!

それどころか、
楽友協会大ホールの演目が
ブルックナーの交響曲第九番ではありませんか。
(マンフレッド・ホーネック指揮、ウィーン交響楽団)

楽友協会大ホール
(写真:ウィーン楽友協会ホール。
    ニュー・イヤー・コンサートでは
    ステージに無数の花が飾られるあのステージです。


私にとっては生で聴く初めてのブルックナーで
当日は、忘れることの出来ない日になりました。

 

私はこのブログの冒頭に、
ブルックナーには全く縁のない音楽人生だったと告白したのですが、

今回の旅で、
皮肉にも最も身近な作曲家になった気がします。

帰国後、彼についての本などを読み、
彼はピアノだけではなく
ヴァイオリンも弾いたことを知るなど、興味がつきません。

 

先日、テレビの番組で高名な指揮者が
今までブルックナー音楽に疎遠だった人は、
聞き流しでも良いから出来るだけ彼の音楽を聴いて欲しい。

そうすれば必ず、
楽しむことが出来るようになるはずだと言っていました。

幸い私は公演に向けて、
毎日のように第六番に接しているせいか、
現時点では最も好きな曲の一つになりました。

 

この拙文をここまで読んでいただいた方々の中で、
ブルックナーにご興味のなかった読者が
多摩管公演をきっかけに
ブルックナー・ワールドをお楽しみにならんことを願い、
ひとまず紀行記を終了したいと思います。

お付き合いいただきありがとうございました。

ブルックナーの眠る場所
写真:教会の床の墓標

[連載 完]

ブルックナー】への旅
はじめに。
第1回 無縁だったブルックナー 
第2回  セント・フローリアン修道院ホテル予約
第3回  灼熱のオーストリー
第4回  美しい街と寺院
第5回  修道院の夜
第6回 お墓参り
第7回 ブルックナー・ツアー
第8回 ブルックナー・オルガン
第9回 ブルックナーと私

【ブルックナー】への旅 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tamakan.net/trackback/1150950
この記事に対するトラックバック